チューブレス をオススメするわけ その1「転がり抵抗が低い」

2017.02.20.18:01

最強のアルミリムホイールが入荷しました!
「フルクラム レーシング ゼロ コンペッティツィオーネ」です。
なんだか舌をかみそうな名前ですね。

数年前に限定版が発売され、一瞬で売り切れてしまった貴光も愛用しているホイールの復刻版とも言えるホイールです。
んdfほいsでぃおgagqえげwgうぇg

定評のあるレーシングゼロのベアリング(通常はUSBベアリング)が、最高の回転性能をほこるCULT(カルトベアリング)に!!
しかも、スポーク1本だけが真っ赤で、とってもおしゃれなんです。
cあう゛ぁqdvでwgvqrgfqえ
さらに、発表当初はクリンチャーだったのが、2ウェイフィット(チューブレス)に変更になったのです。
それでいて、価格は158000円(税抜き)とは、はっきり言ってこれ以上のアルミホイールは考えられません。
ご予約いただいていた皆様は是非お早めに白星へお越し下さい。


さて、最近チューブレスホイールについて聞きに来られるお客さまが増えてきました。
私たちが開店以来チューブレスをオススメしてきた理由について、数回に分けてご説明させていただきましょう。

理由の一つ目は、「転がり抵抗が約2割低い」 つまり、良く転がる = 速く走ることが出来る からです。

現在使われているタイヤは、①チューブラー ②クリンチャー ③チューブレスの3種類です。
これらの中で、チューブレス以外はタイヤの内側にチューブが使われています。
ホイールが転がるときに、タイヤとチューブの間に摩擦が生じて「転がり抵抗」になります。

チューブレスはタイヤが素直に変形するために、転がり抵抗が約2割低いといわれています。
実際に実験をした様子がYoutubeに動画としてアップされていますから、ご紹介しましょう。


Tubelars vs Clinchers vs Tubeless - Which is fastest? は →こちら

テストの結果は、 ①チューブラー 30ワット  ②クリンチャー 28ワット  ③チューブレス 25ワットと、やはり転がり抵抗が一番低いのがチューブレスでした。

実際にチューブレスホイールとクリンチャーとを比較するために、足を止めて白星の前の下り坂を走ると、明らかにチューブレスの方がスムーズに転がって、すなわち速く走ることが出来るのです。
長い下り坂などは、どんどん転がって行くのに驚かされます。

しかし、チューブレスの魅力は他にもまだあるのです。(その2に 続く)


今週末 26日(日曜日)は☆ 白星サイクリング ☆です。

天理のアースリングカフェまでのポタリング(軽いサイクリング)です。
詳しくは貴光のブログをご覧下さい。 

貴光ブログは →こちら 
スポンサーサイト

comment

Secret

プロフィール

辻 正光(通称 ぱぱみつ)

Author:辻 正光(通称 ぱぱみつ)
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード