FC2ブログ

気持ち良かった~  ☆ 白星サイクリング ☆ の下見に

2019.04.20.19:08

来週末28日(日)の☆ 白星サイクリング ☆の下見に行ってきました。
快晴です。

時間帯の交通量も確かめるために、出発は同じ午前8時。
思ったよりも車も少なくて快適に走ることができます。

白星から和束の山甚さんまで約15km。
平地巡航18kmののろのろ走行です。
上り坂にさしかかったら、一桁の速度に落ちてしまいますが、レースじゃないので気楽に走ります。

お茶畑も新緑がとても美しいです。
おkっjう゛ぃおjdvk
山の木々も様々な色で 「こんなにたくさん緑色があるんだね」と改めてびっくりです。

和束町の境界には「The most beautiful villages in Japan」の看板。
本当に美しい!
こんなに美しいところがサイクリングで一時間ほどで行けるなんて、幸せですね。
lkjんlfかk;あ
まだ田植えをしていない田んぼからは蛙の鳴き声。
所々黒い毛虫がうろちょろ。
「自動車で通り過ぎていたら、きっと気づかないだろうな」と思いながら走りました。

路側帯の右側、車道側に茶色い「茶いくるライン」の表示と破線のラインが延々続きます。
ラインは飛び飛びで上を走ると気持ち悪いし、走りたいところに15センチほどの幅のラインがあるからその分車道が狭くなっていて、正直言って走りにくく感じました。
「ライン引くなら幅は半分で十分でしょうね。」など独り言で文句を言いながら走ります。
のvd0jどvか

日曜日朝の307号線は信楽方面への東行きの方が混むので、少し遠回りですが湯船森林公園回りの方が良いとのこと。
急坂に挑戦したい方は、和束清水橋を渡って協和ゴルフクラブへ向かう2.5km位の上り坂を2~3回往復してください。

平成最後の桜がちらほら咲く湯船森林公園を越えて、信楽方面に下り307号線を西に走っていると、対向車線を赤いTimeが。
「こんにちは~」と声をかけましたが、ひょっとして・・・と思っていると、やっぱり後からタイヨーくんのチネリが走ってきました。
親子でがんばって走って行かれました。(とっさに顔より自転車を見てしまうのです。)


予定ではマッキサイクルズさんより後に訪れる予定の「天下一品」ですが、道順では先に確認に行きました。
とっても素敵な建物でした。
久しぶりに「こってり」食べたいな。
ういfjehfipwじぇおjwe
オムライス好きには「木になる木」さんも近くです。

白星を出発して36キロ、10時過ぎにマッキサイクルズさんに到着。
大体予想通りの所要時間です。

とっても素敵な工房です。
窓からのぞくと、素敵なカラフルなバイクがいっぱい。
(お留守だったので、来週の訪問が楽しみです。)
ugqoi;qmjgo;qjer
(来週はマッキサイクルズさんに先に訪問し、来た道を2キロほど引き返して「天一」で昼食の予定です。)

西に向いて走るとすぐに、大きなカウベルが目立つ「スイスアルピナ」の賑やかなお店。
続いて少し坂を上っていくと、左に協和ゴルフクラブが現れたところで、側道を左に入って和束方面に。

急な坂道をぐんぐん下って行きます。

対向してロードバイクに乗った方が続々上ってきます。
湯船回りの方が大分道のりが長いですが、この道を2.5キロ上ってくるのは、ぱぱみつは苦痛だな。

後はほとんど下り道を30分弱。
和束の「山甚さん」に到着したら、サイクルコンピュータの距離は48キロでした。

自動の石臼が香り高い抹茶を引いてくれて、その抹茶を使ったスイーツが楽しめます。
抹茶ソフトは350円!おいしかった~
oihrgjoqjrokqr@g

この後も約15キロ、ほとんど下り坂。
新しいショッピングセンター PLANTを横目に、最後の心臓破りの坂?の城山台を越えると白星が見えてきます。
ゴールインは12時前でした。
総走行距離は63キロでした。

連休でお昼の食事の混み具合次第ですが、解散は13時過ぎになりそうですね。

大変乾燥していたので、走りながら飲めるドリンクが必需品。
また、リップクリームがあった方が良かったですね。

このルートが近辺でも一番美しく走りやすいと思います。

まだ走ったことが無い方は、是非来週の☆ 白星サイクリング ☆にご参加ください。

「はーしんど。なんでこんなしんどいことやってるんや」と言いながら、ぱぱみつと一緒に楽しく走りましょう!
28日(日曜日)8時出発です!

走り終わったら、「しんどかったけど、気持ち良かった。走って良かった~」って思えますよ。
スポンサーサイト

comment

Secret

プロフィール

辻 正光(ぱぱみつ)

Author:辻 正光(ぱぱみつ)
奈良市で31年間の小学校教員生活の後に早期退職し、楽しく豊かなサイクルライフを広めるために2008年に創業いたしました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード