HCR12 スタート!

2010.11.22.16:25

スタート地点のカピオラニ公園へは歩いていきます。
ホテル内もラッシュになってエレベーターが混み合うことも考えられるので、スタート1時間ほど前に部屋を出ました。

今回持って行ったら良かったモノ、ヘッドライトとテールライト。
残念ながら装備していないし真っ暗な道路を走るわけに行かないので、歩道を歩いていきました。(10分ほど歩くので私は運動靴を履いていきましたが、クリートカバーを持参していくと良いと思いました。)

スタート地点にはパラパラと人が集まっています。
エントリー時点でAからDの4つの技量ごとのスタートグループを指定しておきます。
本番では自分の指定エリアにスタンバイします。

ホノルルZOOの前の広い広い駐車場ですが、スタート時点には自転車で埋まってしまうそうです。
HCRS01
駐車場は照明があるので、ウォーミングアップをするために10分ほどくるくる走り回っていましたが、三々五々集まって来る参加者が増えてきて走れなくなってしまいました。

6時頃から開会式です。
英語でご挨拶のあとに、日本語の通訳がつきます。
今年の参加者は約2200名で、日本人は約1000人だそうです。
HCRS02
道路工事もHCRのある今日までに完了させたそうです。
コースにあった恐怖の鉄板ははたして撤去されているのでしょうか。

偶然お隣に並んだ方が、ハワイの自転車界では超有名人CHETさんでした。
HCRS03
トライアスリートでアイアンマンはじめ様々なレースで好成績を収めておられることなどの紹介がありました。
彼はホノルルの小学校4年生全員に自転車安全教室を実施してきた中心人物だそうです。

「星条旗よ永遠なれ」の斉唱のあと、いよいよスタートです。
「本当に走りきれるだろうか?」という不安と、会場を埋め尽くした2000人以上のサイクリストの熱気で大興奮です。

ドキドキドキ・・・・いつの間にか、空も少しずつ白み始めてきました。
さあスタートです!
「よっしゃー行くぞ!16時にゴール地点で待っててね!」と嫁さんに言って出発しました。

HCRS04
スタートから少し走り始めるとダイヤモンドヘッドに向かって上り傾斜です。
もうすぐ太陽が海から昇ってきそうです。

日の出をバックに絹代さんと記念撮影です。(カメラマンは今中大介さんです。)
HCRS05

コースは昨日プラクティスライドで一度走っていますので安心です。
片側3車線のKalanianaole Hwyは▲コーンで1車線が丸ままHCRのバイク用に確保されています。
広い路側帯と合わせて広々走れます。
459hwy
要所要所で警察官がHCRの参加者優先で交通整理をしてくださっていますので、ほとんどノンストップ状態で快適に走れます。
気持ちいいよ~!!

ひとまず目指すは25マイルの折り返し地点、Sandy Beachです。

途中で待ち受けるのがハートブレークヒル「心臓破りの丘」です。
これから上りがスタートです。
hbh01
傾斜はCLS-Hakuseiの前の坂の約半分、距離が2倍といったところでしょうか。
hbh02
絹代さんも「心臓は破れません。ママチャリのようなバイクでも平気で上っておられますから」とおっしゃっていましたが、アウターギアで上りきることが出来ました。
「ホノルルマラソンで走るのはきっと大変なんだろうな。でもロードレーサーならへっちゃらだ!」

のどが渇く前に少しずつドリンクを飲みながら初めてのエイドステーションを目指してペダルを回します。
エイドステーションにはどんな食べ物と飲み物や出会いが待っているのでしょうか。

スポンサーサイト

comment

Secret

プロフィール

辻 正光(通称 ぱぱみつ)

Author:辻 正光(通称 ぱぱみつ)
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード