HCR18 100マイル折り返しへ

2010.12.20.22:58

スワンジー・ビーチ・パークの100マイル折り返し地点に向かって走り出します。
山の中の路肩でパンク修理をしている方がおられます。
「大丈夫ですか~?」
「助けてくださ~い!」
・・・ということで、パンク修理のお手伝いをすることにしました。
時刻は10時半。

やはり前後輪同時パンク。
交換するスペアチューブが軽量タイプで薄くて細いため、タイヤの中になかなかうまく収まらず苦戦です。
クリンチャータイヤの方はパンク対策のために重くても分厚いチューブを選びましょうね。

大阪から単独で初めてのご参加の方で「とても心細かった」とおっしゃいました。
お名前も伺わず、私自身も名乗ること無しに「白星というショップをしている」と言うことだけをお伝えしてお別れしましたが、帰国後ご丁寧にお礼状をいただきました。

「拝啓 ブログ拝見しました。
 無事、ご帰国のようで、なによりです。
 センチュリーライド246番のKです。
 お名前もろくに伺えず、お礼も最後言えず申し訳ありませんでした。
 無事の帰国も、ひとえに辻さんのおかげと思います。ありがとうございました。(後略)」

修理には結局15分近く時間がかかってしまいましたが、再出発前に水分補給と共に、「5-hour ENERGY」ドリンクを飲みました。
ちょうど5時間エネルギーが続けば無事完走出来るでしょう。
5hour
すると・・・突然元気もりもり!!
「さあ、もう少しで折り返し地点だ」

また海岸線を走るルートに出ました。
自動車はサイクリストに気を遣ってゆっくり走ってくれて、追い越せるところまで来るとドライバーさんはにっこり笑って、「Good Luck!」とか「Aloha!」と言ってくれます。
ちっとも急いでおられないし、心にゆとりがあるんですね。

こちらも笑顔で「Mahalo!!(ありがとう!)」ってこたえます。
なんて気持ちいいんでしょう。
5t1

水しぶきがかかる波打ち際を走るものHCRの醍醐味ですね。
5t2

トイレ休憩に止まったビーチで「はいポーズ」
5t3
ゆっくり泳いだり寝ころんでみたい落ち着いたビーチでした。

ついに到着!
100マイル折り返し地点です。
5t4
到着時刻は11時。
サイクルコンピュータの走行距離は77.58キロです。
5t5
平均時速は22.9キロ/hです。イージーライドですね。

太陽が真上で、ぎらぎら照りつけて気温も上昇しています。
なんとここのエイドステーションでは、サンスクリーンも提供してくれました。
本当に気が利いているんですね。
5t7
海に足をつけて休憩している参加者もたくさんいました。
201
海に入ってみたかったのですが、タオルを持参していなかったので、次回の楽しみに取っておくことにしました。

ブリヂストンアンカーチームの皆さんとお話しましたが、70名ものサポーターの皆様方が参加されているとか。
アメリカ中南部のネブラスカやテキサスからの参加者は、難病の子ども達の治療のためのチャリティでオリジナルジャージを100枚以上売って、ずいぶんお金を集めて来られたそうです。
たくさん寄付して仲間達と楽しい思い出もいっぱいだと本当に熱く語ってくださいました。

いろんな方々と楽しくお話ししているうちに、あっという間に45分も経ってしまいました。
そろそろ帰路につきましょう。

5t8
残るは50マイル、80キロの旅です。
帰りは鶴見辰吾さんのチーム、LEGONの列車に「ただ乗り」で一気に距離を稼ぎます。
スポンサーサイト

comment

Secret

プロフィール

辻 正光(通称 ぱぱみつ)

Author:辻 正光(通称 ぱぱみつ)
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード