イタリア日記2 GRUPPO本社へ

2011.01.17.05:18

第2日 1月13日(木)

3時に起きて空腹で眠られず。
そのまま日記を書く。

午前7時に朝食。
レストランには日本人の長蛇の列。
カフェテリア形式で、結構豪勢にいただく。
お腹がいっぱいに。

本来は団体行動のパック旅行だが、私一人だけ離団して、GRUPPO(チネリ&Columbus)の本社見学。
8時15分にみんなの乗ったバスはミラノ観光に出発する。
ホテルのロビーでGRUPPO副社長でR&D部長のファブリッィオさんを待つあいだにメールチェックをブログの更新。

約束の8時半に10分ほど遅れてファブリッィオさんが到着。
この時間帯は大変な渋滞だそうで、彼は出勤に渋滞を避けるために一時間ほどヤマハのスクーターで走ることもあるらしい。
私がイタリア製のクラシックVESPAに乗っていることを言うと、イタリア人が日本製を、日本人がイタリア製に乗っているということで話が盛り上がる。

車の中からダイナソアの安立喜一さんに電話。
無事にお会いできたことを喜んでいただく。
いろいろ気遣いご連絡いただいたおかげでこうしてファブリッィオさんの車に乗ることが出来たことを感謝。

ミラノ北東郊外のホテルから南東にあるGRUPPOに行くために渋滞に突入。
町中は駐車場が少なく、左右に駐車した車の間を走っていく。
なんだか路上駐車車両の横を走る大阪の道のようだ。

もしもレンタカーを借りても絶対に私には運転できそうではない。
一方通行ばかりで、左右の駐車車両が縦列駐車から出てくるのやスクーターの激走を避けながら会社を目指す。

ファブリッィオさんの奥様は小学校の先生らしく、学校のお話で盛り上がる。
保護者の対応がなかなか難しいらしく、いわゆるモンスターペアレントもいるとのこと。
どうやらユニバーサルプロブレムらしい。

ファブリッィオさんのご自宅の近所にスイスに向かう鉄道が廃線になり、自転車や馬で走るのに丁度良いトレールになったところがあり、夜にライトをつけて貸しきりで自転車で走れるとか。
うらやましいなあ。

小一時間お話をしながら、ミラノ市街地を抜けて郊外へ向かう道をすこし走ると工業団地のような所に出た。
無線のゲートオープナーで扉を開けると、丁度チネリのバンがでてきた。
gruppo

敷地内に入ると大きな建物が3つ。
ついに夢に見たGRUPPO本社に到着!

駐車場には20台くらいの車。
Uffici(ウフィツッイ「Offices」の意味) と書いたサインに従いオフィスへ。

ドアを開けたら、壁の両側に所狭しといろいろなモノで埋め尽くされた廊下。
入り口

すぐ左のオフィスに入ると、スタッフの皆さんから大歓迎を受けた。

スポンサーサイト

comment

Secret

プロフィール

辻 正光(通称 ぱぱみつ)

Author:辻 正光(通称 ぱぱみつ)
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード