イタリア日記3 GRUPPO見学 その1

2011.01.18.05:24

オフィスに入ると壁一面に絵やウエアやポスターが貼ってある。
すぐ左にデザイナーさん達の机が4つ。
g1

机の上には試作品のカーボンパーツやステムなど。
コンピュータでステムの設計中。
g3
g2

奥にも4つのデスク。
白星にも来てくれた日本語がしゃべれる女性とも再会。
g4

いろいろな方とご挨拶したあとは工場の見学へ。
そと

一番大きな建物にはいると中では機械の音がしていた。
大変寒い中、静かな工場内では意外と少ない人数の方が働いていた。
k12

コロンバスのパイプの工場とチネリのフレーム加工工場が合体している。
元は3Tのステムなども作っていたそうだが、数年前に3Tは譲渡して独立したそうだ。

約6メートルのパイプを必要なサイズに切断することからスタート。
k11
パイプは引き抜き工法で作った特殊なモノだということ。

表面をコーティングして傷が付きにくくして圧延工程に入る。
バテッドという段階的に肉厚を変える工程を見学。
どんどん薄くなって行くと共に、内部の厚さが変わっていく。
k13

両端は溶接するために分厚いままで、中間の肉厚を薄くしたパイプがどんどん出来上がっていく。
また、三角形に近い形にしたりするために、型の中を通す工程で変形させる。
昔のコルナゴやピナレロ、トマジーニなどの名前もあった。
k14

いったん薄くしてから必要な形状に加工し、ようやく自転車の部材に近づいてきた。
その後は金属のストレスを無くすためにいったん加熱をして冷却。
500度くらいにヒートトリートメントをしてフレーム用部材は徐々に冷やすが、ハンドルのようなパイプは液体の中へ入れて急速に冷やして強度を増すそうだ。

この後は両端を切断した後に溶接をして、塗装をしてフレームの完成。

工場の中にはコンピュータで強さを解析する装置や金属疲労やショックを与えてデータを取る装置などがあった。
kj2

一番奥には完成車を組み立てる工場があるが、基本的にはフレームで発送するそうだ。
k87
Best ofやStrato、Estradaなど高級なフレームが所狭しと置いてある!

NISI と書いた小さいサイズのストラートが置いてあったが西加奈子選手のモノかもしれない。
にし

工場内の一室にはいろいろなバイクが並び、歴史を感じさせる。
cm5
完成車はごく数台である。
cm4
cm11
世界各国に向けて配送を待つ商品やパイプの棚の間を歩き回って感心しきり。

技術者であるファブリッィオさんに本当に細かい所まで解説していただき、他社にも販売しているコロンバスのフレーム部材やフレームの完成するまでを拝見することが出来た。

しかし広大な工場全体でたった20数名しか働いておられないとのこと。
この工場から世界中にチネリのバイクが送り出されていると思うと「すごいところにやってこられたなあ」と改めて感激する。

これでも驚きだったけれど、さらにもっと驚くことが待っていた。
スポンサーサイト

comment

Secret

ホーム オブ チネリ!

2011.01.18.15:12

パパみつさん、ママ様どうも。
遅らせばながら あけまして おめでとうございます。
今年もよろしくです。

すごいですね。チネリのふるさと。
そこで作られた自転車が海こえて来たかとおもうと感激です。
また お土産お話 聞きにいきますねー。

風邪ひかないように、楽しんで来てください。
こっちも連日 寒~いです。

エストラーダの実家

2011.01.19.18:23

あけましておめでとうございます。マツシマです。
寒さにやられて、ここ2ヶ月ほどローラー台のみで、外は全く走ってません。
ともあれ今年も宜しくお願いします。
ハワイにイタリアにとうらやましい限りです。エストラーダの実家のお話を聞かせていただきに、また伺います。
(カーボンフレームもイタリア本社で作ってるのですか?)

無事帰国しました

2011.01.19.19:44

ホシカさま、マツシマさま
コメントありがとうございます。
本日午後無事帰宅しました。
連日移動ばかりの強行軍でしたが楽しい想い出が出来ました。

「チネリのすばらしさの原点を見学したい」というのが今回の旅の動機でした。
なーるほど分かりました!
行って本当に良かった!

ウイリンやエストラーダ、ベストオブなど、白星でおなじみのバイクが何故あんなにステキなのか、理由をブログでお伝えしたいです。
また直接いろいろなお話ができますように、是非ご来店ください!
プロフィール

辻 正光(通称 ぱぱみつ)

Author:辻 正光(通称 ぱぱみつ)
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード