イタリア日記9 どうしてチネリ?

2011.01.25.12:20

余談です。
「イタリア日記」は時差ぼけのせいで午前4時には目が覚めてしまうので、早朝に書き上げて「予約投稿」でアップしていました。
今読んでみると、とっても興奮していますね。
いやあ本当に良い経験をさせていただきました。

さて、「ぱぱみつさん、どうしてチネリ best ofなんですか?」とよく尋ねられます。

店長車と言えば、CLS-Hakuseiの取扱メーカーではタイムのRXRやカレラのPhibra、コルナゴのEPS、オルベアの ORCA、サーヴェロのS3、ルックの595、クォータのKOMなどのフラッグシップモデルが選ばれることが多いでしょうね。

でも、特別な思い入れがあるのがチネリなんです。

実は小学校の頃、嘘か本当か知りませんが、「力道山はチネリに乗っている」と言うことを聞いたのです。
若い方はご存じないかと思いますが、私の子どもの時代には、プロレスラー力道山は超スーパースターだったのです。

今話題の伊達直人のタイガーマスクにアントニオ猪木とジャイアント馬場を足して1000倍した以上の国民的大ヒーローだったのです。

金曜日の午後8時になると10チャンネルの三菱電機提供の番組に釘付け。
もちろんテレビはカラーテレビではなく白黒。

確かウオルト・ディズニーさんが一番はじめに出てくるディズニーの番組と隔週で放送されていたプロレス。
子どもでしたがディズニーの週がいやで、「何でプロレスを毎週やってくれないの」と思っていたのを思い出します。

たぶん視聴率調査が有れば90%以上だったのかも知れません。(少なくとも私の周囲では100%プロレスでした。)

・・・その超人気のプロレスの中で、真っ黒なタイツをはいた力道山が繰り出す空手チョップに大歓声をあげて喜んでいた子ども時代。
その超スーパースターの力道山が乗っているという「チネリ」に子どもが(もちろん大人も)憧れないわけがないです。
でも、子ども時代には「スーパースターしか乗れない、自動車で言えばロールスロイスのような豪華な自転車なんだろうなあ・・」と思っていたのでした。
(しかしながら、実際に力道山がチネリに乗っていたという写真も見たことはないです。)

私が初めて乗ったロードレーサーは国産の緑色のクロモリバイクでしたが、そのダウンチューブに「Cinelli」のステッカーを貼って偽チネリにして走っていました。
そんなことがあり、お店を持ったら一番先に自分の自転車として組んでみたいのがチネリだったのです。
その中でもデザインを見て一目惚れをしたのが Best of。

CLS-Hakuseiでは完成車でチネリをお買い上げのお客様が、オルベア、クォータに次いで第3位だと思います。
また、フレームから組まれるお客様では、タイムの次がチネリです。

これからは、力道山を知らない世代の方にもチネリの芸術作品の魅力を是非味わっていただきたいと思います。


追伸

「イタリア日記」はもうしばらく続きます。「HCR」もまだまだ続く予定。

日曜日に携帯電話が行方不明に。
仕事にも差し支えています。
連日泣きながら探していますが、見つかりません。
ご連絡が有れば、お店の電話かメールの方へお願いします。
Tel 0774-69-1491 hakuseicycle@gmail.com

スポンサーサイト

comment

Secret

プロフィール

辻 正光(通称 ぱぱみつ)

Author:辻 正光(通称 ぱぱみつ)
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード