イタリア日記 番外編  四輪事情

2011.02.13.20:45

イタリア日記の最後は自動車事情です。

これっていったいどのようにして駐車したんでしょう??
4r4
以前はサイドブレーキを引かずに、バンパーをごっちんごっちん当てながら、前後の車を押して出入りすると聞きましたが、最近の車の中には振動センサーが付いていてなかなか難しいとのこと。

駐車する様子を観察しました。
「これはちょっと入れるのは難しいだろうな」というスペースをみつけたドライバー。
車の対角線ほどの隙間があれば、ミリ単位で近づけて・・・前後の車に接触しないように慎重に・・・
4r1

2回ほど切り返して、いやはやお見事に収まりました。
ぱちぱちぱち~すばらしい車両感覚ですね。(その割にドアが思いっきりへこんでますよ・・・)
4r2

日本に比べて格段に目立ったのがSMARTです。
4r5
20台に1台がスマートではないか、と思うほど多いんです。

魅力はなんと言ってもそのコンパクトさ。
少し大きな自動車1台のスペースがあれば2台駐車できちゃいます。

全長が他の車の横幅くらいしかありませんから、「これはとても入れられないだろうな」という少しの隙間に見事に駐車出来てしまいます。
縦列駐車はもちろんのこと、車半分のスペースが空いていれば、歩道に直角に駐車してしまうんですね。

4r3
縦にも横にも駐車できるって、駐車場事情が悪いイタリアにぴったりなんですね。
私もSMARTが欲しくなっちゃいました。

車のメーカーですが、フィアットやアルファロメオが少数派で、排気量1000CC以下の小さい車が多かったです。
「後ろからトラックが来たのかな?」と思うようなディーゼル音を響かせて来たので振り返ってみると軽四の様なサイズの車でびっくりしたこともありました。

私の車も負けるほど汚い車が多いのにもびっくりでした。
環境基準が厳しく「家の前で勝手に洗車して下水を汚してはいけない」ということで、「洗車したいんだけれど、かんたんにはできないんだよ」という現地ガイドさんの説明でした。
そんなルールはない木津川市に住んでいますが、私は愛車を長らく洗車してません。
イタリアではまだ美しい車の部類にはいるでしょうが・・・


夢がまた一つ実現しました。
短い旅でしたが、35年ぶりのイタリアは刺激的でした。
なんと言ってもCinelliのヒミツを明かすことが出来たのが最大の収穫です。

料理は何を食べても美味しいし、皆さんおしゃれ。(特にミラノの方は。)
南イタリアにもまた時間をかけて訪れてみたくなりました。

帰りの飛行機の中では次の夢が生まれました・・・
(おしまい)

★ ホノルルセンチュリーライドの続きもまだまだあります。

スポンサーサイト

comment

Secret

プロフィール

辻 正光(通称 ぱぱみつ)

Author:辻 正光(通称 ぱぱみつ)
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード