バイクを積むならコレ!

2011.04.07.10:48

昨日は定休日。
ゆっくりお休みしたいところですが、新大阪で東商会さんの展示会&講習会に行ってきたぱぱみつです。

新大阪の駅前の桜は満開です。
azs6
木の下ではOLさんたちがお花見していました。

バイクの展示では、白星でも納車したばかりのサーヴェロのR5がありました!
皆さん持ち上げてみてびっくりしておられました。
azs1
新しいブランドのカーボンホイールをはいていました。

TTバイクの完成車が30万円以下で手に入ります。
これはステキでした。
azs3
トライアスロンの世界ではサーヴェロが超人気らしいので、TTバイク完成車はニーズありなんですね。

ホイールもたくさん展示してあり、どれを選んで良いのか分からなくなっちゃいます。
azs2
やっぱりシチュエーションで使い分けですよね。
ぱぱみつ的にはチューブレスが出れば良いんだけど。

ホイールのメインテナンスの講習では注意事項やツールのお話など、大変きめ細かくご説明いただき大変役に立ちました。
でも、準備物の取りそろえ含め、なかなか難しそうでした。
azs4
イーストンのホイールはセンターでメインテナンスをしてくれるから安心ですね。


今回一番の発見は、自動車の天井にバイクを積むカーメイト innoのシステム「タイヤホールド」でした。

高い位置でも作業しやすいように、バイクを持ち上げたら手を離しても大丈夫なようになっています。
今までのタイプのように持ち上げてから高い位置でバイクを倒さないように支えながら作業しなくても大丈夫です。

azs7

実は息子達とMTBのレースをしていた頃に、よく四十肩に悩まされたものでした。
朝一で突然力を入れて苦しい体制で作業して・・・ああっバイクが倒れるぅ・・・気づいたら手が上がらない症状に・・・

でもこのシステムだと、いったん持ち上げて前のホイールがかんたんに固定されると、両手がフリーで使えるのと同時に、後ろのホイールも低いところのレバーで操作して固定できます。
従来のダウンチューブを挟み込むタイプだと、カーボンやアルミの薄いフレームだと心配になりますが、フレームに一切振れずに前後からホイールを支えるために、フレームへのダメージは起きません。
カーボンやディープリム、さらにはディスクホイールでも積載できるんです。

商品説明のあと、販売店からの質問も続々とたくさん活発に出ました。
驚きました。普通はそんなに質問が出ることはありません。
皆さんの悩んでいたことを一気に解決する画期的なシステムだからでしょう。
説明が終わってからも、続々と皆さんが実物を触ったり質問したりと、注目度の高さが分かりました。

自分自身いくつかのバイクラックシステムを使ってきましたが、「inno タイヤホールド」は明らかに最高だと思います。
即注文!して帰りました。
ただ発売は6月になるようです。
早く作って~

これはすばらしい!!文句なし!!
自転車を積むシステムのご購入をお考えの方は、今しばらくご購入は控えられた方が(あるいはコレを予約されると)良いと思います。
スポンサーサイト

comment

Secret

No title

2011.04.10.22:21

カーメイト innoのシステム「タイヤホールド」。
よさそうですね。
THULEのシステムキャリアにTHULEの古い自転車キャリアを使ってますが
ダウンチューブを挟みこむタイプなのでいつも気になってました。
THULEにはinnoは付けられるはず。
白星であつかうのでしょうか?
おいくらぐらいになるんでしょ。

これはいいョ!

2011.04.13.17:26

お尋ねありがとうございます。
もちろん白星で取り扱います。
お値段は25000円です。
その何十倍もの高価なカーボンバイクを安全に積むことを考えると、決して高くないお買い物だと確信しています。

私も某社のダウンチューブを挟み込むタイプのを2種類使っていました。
アルミの太い(薄い)のを挟むのが恐くて、ガムテープを巻いたりスポンジを巻いたりして気遣いながら積んでいました。
しかし、フルカーボンになってからは、使うのをやめてしまいました。
バイクってかさばりますから、外に安全に固定できれば、荷室を広く使えるのでゆったりと移動可能ですよね。

取り付けバーも従来の四角いタイプでも楕円形のタイプでも、横幅が25~90ミリなら取り付けられるようにと工夫されていました。
何よりステキだと思ったのが、天井に載せて作業するときのことを考えて、低い位置からでも確実にカンタンに固定できることです。
何と20インチから29インチまで積載可能ですから、子どもたちのバイクも積んで出かけることもできますよ。
さらには盗難防止の太いケーブルロックまで標準装備されています。

姉妹版で「スリムフォーク」という製品も発売されます。(希望小売価格21000円)
これは前輪を外して固定するタイプですが、従来のようにバンドを使わずに後輪のリムを挟み込むため、ディープリムやディスクホイールでも対応可能なんです。

展示用のモノも注文しましたが、私が自信を持っておすすめしますので、是非一日も早くご予約してください。
プロフィール

辻 正光(通称 ぱぱみつ)

Author:辻 正光(通称 ぱぱみつ)
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード