【チーム白星】HCR通信01 体のケアとグッズ

2011.09.12.23:25

昨年初めて参加した時のことを思い出し、出来るだけ出発前に皆様の不安を取り除けたら、と思ってこのHCR通信をお送りしています。(★将来HCRに挑戦したい方、他のロングライドにご参加の方にも参考になれば幸いです。気持ちで一緒にご参加を!)


160キロも走れるだろうか?
持ち物で忘れてはならないものは?
これがあると体が楽だったというものは?
右側通行で走るのは大丈夫?
自転車はちゃんと運べるの?
自分で持って行く食べ物や飲み物は?・・・・

きっといろいろあると思いますので、遠慮無くこのメールに返信して下されば、疑問や不安にお答えしたいと思っています。(★参加者の皆様にお送りしたメールですので、少々おかしいところもあるかも。コメントか、メールいただければお答えするようにいたします。)

とりあえず今回は、「体のケアとグッズ」についてお知らせします。

【Q1】160キロ走るための体とモノの準備は?

昨年参加した実感から言うと、「誰でも自転車のトラブルがなければ走りきれます」
今中大介さんも「世界で一番簡単な100マイル(160キロ)完走」と言っておられました。

コースのアップダウンは一番始めのダイヤモンドヘッドの横(気持ちがハイテンションなスタート直後なので楽に上れる)、心臓破りの丘(白星の前の坂の2倍くらいの距離だという感じ)、そして海岸線に出たときの短いアップダウン(疲れている時の帰路のアップダウンが少しこたえる)くらいで、標高差も40メートル以下だと思います。

他のロングライドイベントは、必ず山を登るコースがあり、一気に体力がダウンするらしいのですが、HCRは基本は海沿いの気持ちいい道を走るのが主です。
ですから、HCRは全く恐るに足りません。

距離感としては木津嵐山自転車道で嵐山往復するというのに近いです。
土手の上に登るのが時々あるような感じでアップダウンです。
途中の休憩所(自転車道より間隔が空いていて約1時間に一カ所という感じ)にエイドステーションとトイレがあるというイメージです。

80キロポイントでの「折り返し」で帰ってくるコースですから、苦しくなったら160キロ走らずに体の調子を見て、適当な地点で引き返すことも可能です。
もっといえば、最悪の場合は携帯電話でTOPTOURのサポートカーにピックアップしてもらうことだって可能だと思います。

大会までに自転車に体をならすために、本番までに時間があれば出来るだけ軽くでも走っておかれることをおすすめします。
かくいう私は、昨年末のスクーターでの転倒の後遺症のため、昨年から今までロードレーサーでは10キロも走っていません・・・・
8月末に右足の親指の爪が抜けました。足先が敏感で・・・デモようやくスッキリしました。

本番は6:15から16:30までのおよそ10時間もの長時間の勝負となりますから、「ウエアと脱水、紫外線対策」が鍵だと思います。

BEACH

【ぱぱみつからのアドバイス】
◎ 高級なパッド付きのウエアの有無で全く事情が変わってきます。絶対に良いウエアを選んでご持参下さい。
◎ ヘルメットの隙間から入ってくる日光で、頭皮が日焼けするのを防ぐため、キャップやバンダナをおすすめします。
◎ 日焼け防止と疲労や転倒時の怪我防止のため、レッグカバーのご使用は賢い選択です。
◎ 腕の日焼けと疲労防止にはSKINSのコンプレッションアームスリーブやパワースリーブがいいです。SPF50+です。
◎ 紫外線対策、目の怪我防止のためサングラスは必需品(折り返し地点からの帰路で、道路に反射する強烈な太陽光に参りました)
◎ スコールに遭った人は「むちゃくちゃ寒かった」と言っておられました。小さく折りたためるウインドプレーカーは雨具を兼ねて持って行って良いと思います。(モンベルとパールイズミのお薦めを揃えています。)
◎ 長時間の飛行機のエコノミー症候群防止、疲労回復などのためにSKINSのロングタイツやコンプレッションレッグスリーブやパワーソックスが効果絶大です。


◎ お腹に入れるドリンクは、エイドステーションの薄い薄いスポーツドリンクに頼らずに、持参した方がよいでしょう。(これは絹代さんも白星でもおすすめのもの グリコ「CCD」と「クエン酸&BCAA」、メダリスト「アミノダイレクト」をご準備します。よろしかったらどうぞ)
◎ BCAAなど、疲労回復、眠気防止に効くアミノ酸やクエン酸の錠剤や配合されたドリンクが有効です。(BCAAのタブレットは必要分ご用意してプレゼントします。)
◎ エイドステーションで配布される無料のクッキーやオレンジ、バナナだけでなく、ご自分で高エネルギーのバーやゼリーを持参することでハンガーノックを防止できます。(絹代さんもお薦めのグリコ「ワンセコンドCCD」をご準備します。)
◎ 紫外線が予想以上に強いので、サンスクリーン(日焼け止めクリーム)を持参しましょう。(SPORTSBALMのイエロー4は涼しい上にUVカットです。私は手がぬるぬるにならないように、スティックタイプのサンスクリーンを昨年は買って行きました。汗のために落ちてしまうので、エイドステーションで何度か塗りました。)
◎ ウエアでのまたずれを防ぐために、ウエアや肌に塗るシャモアクリームも有効です。
◎ ドリンク用のボトルは2本持った方がよいでしょう。一つは粉末ドリンクを溶かして、もう一つは真水を入れておくと体にかけて冷却効果があります。SKINSを水で濡らすととっても涼しくて、ほてった体を冷やすのに効果的でした。
◎ 保冷の大きい目のボトルを飲み物用にしましょう。(POLARやELITEのいくつかの商品を白星にご用意しています。よろしかったらどうぞ。)  

皆様のお役に立てるために、白星ではいろいろなものをご準備してお待ちしています。

次回には、私が今年準備して持って行こうと思っている「HCR持ち物リスト」をお送りできるように準備します。
スポンサーサイト

comment

Secret

プロフィール

辻 正光(通称 ぱぱみつ)

Author:辻 正光(通称 ぱぱみつ)
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード