2011HCR 01 いざホノルルへ

2011.10.03.19:07

たった一週間前のことなのに、夢の楽園での100マイル完走が数ヶ月前のことのように思います。
気温も一気に下がって、もう冬のような感じですね。

さて、去年は一人で「下見」に行ったぱぱみつですが、今回の「チーム白星」は総勢10名。
ホノルルセンチュリーライドに挑戦するのは8名での参加となりました。

今回一番の難関は自転車の梱包でした。
白星の方からオルベアのロードレーサー完成車の箱をご用意させていただきましたが、特にハンドルをパズルのように組み合わせて入れないときちんと収まりませんでした。
ご自宅で梱包に挑戦されたのですが、入りきらずに白星でお手伝いさせていただいた方も少なくありませんでした。

来年は少し余裕のあるママチャリの箱をご準備した方が良いようですね。
自転車用の段ボール箱は購入することも出来るのですが、約6000円もするのです。
→ kabuto輪行函
昨年のツアーはJALでしたが、今年はハワイアン航空で、ツアー料金のほかにスポーツ用品運賃8500円(帰路90ドル)がかかります。
ただ32キロまで入れられますので、相当重い自転車でも大丈夫です。
また、帰りにたくさんのおみやげも段ボール箱に入れられますね。

ということで、きちんと箱に収まりましたが、次の課題は空港までの移動です。
息子達はレースのために送迎はしてもらえませんでしたので、自動車を借りての運搬となりました。

駐車場は、事前予約を入れておいて、空港受け取りの駐車場を契約するのが一番楽ちんですね。
ご参考までに私が使った駐車場のHPです。
→ http://www.k-a-s.com/
空港ターミナル前で渡すと預かってくれて、帰国時に車を回して持ってきてくれます。
空港内に駐めるより大幅に割安です。
トヨタタウンエースを5泊6日駐めて9500円でした。

荷台に4台のバイクとスーツケースを3つ・・・で関空に到着したところです。
1101

なんだかんだで今年はスムーズにホテルに到着。
すぐに自転車が無事かどうかチェックします。
1102

初日にオハナイーストホテルの2階でゼッケンをもらいました。
記念Tシャツは未完成(大丈夫?)ということで、当日完走した後にテントでいただくことに。
記念ジャージも売っていましたが、「どうしようかな」と迷うお値段でした。
1103

ボランティアの受付もあり、参加者の家族の方が応募されていました。
1104

お隣では日本人のための安全走行ブリーフィングがあり、交通ルールに不慣れな日本人のために講習会が実施されていました。
1105

自転車の組立が終わったから試運転でバイクショップ IT&B(Island Triathlon & Bike)までひとっ走り。
1107

トライアスロン専門店なので、もちろんTTバイクの品揃えがいっぱいです。
一押しはサーヴェロだそうで、いろんな種類のサーヴェロバイクがいっぱい並んでいました。
昨年もアメリカ人参加者の中で一番多いのがサーヴェロのバイクでした。

無料点検してくれるとのことで、お店の中へ愛車のCinelli Best ofを持って入りました。
「ビユーティフル バイク!ボクもこんなバイクに乗ってみたいな」とメカニックさんにほめていただきました。

HCR当日は朝5時からオープンして整備してくれるとのことでした。
1108

走っていると無惨な残骸を目にすることがおおいでした。
ハイエナの餌食にならないように気をつけなければなりませんね。
1109
自転車はもちろんホテルの部屋に持ってはいることが出来ます。

走る準備が完了したら、早速1ドル77円の超円高を満喫するために、アラモアナショッピングセンターへ出動です。
JCBカードを持っていたら無料で、ピンクラインのトロリーバスに乗ることが出来ます。
今年はアラモアナの北側のSave money, Live betterがモットーの WALMARTで食料を買い込んで帰ることにしました。
スポンサーサイト

comment

Secret

プロフィール

辻 正光(通称 ぱぱみつ)

Author:辻 正光(通称 ぱぱみつ)
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード