2011HCR 05 寄り道

2011.10.14.14:36

美しい海岸線を少し走ったら、30分足らずで「ワイマナロ アルハ フードスタンド」が見えてきました。
ここは地元少年野球チームの活動・遠征費をかせぐために設置された私設のエイドステーションです。
5H1

なかなかのド迫力のおむすびが2ドルです。
5H2

昨年はスパムむすびを食べて、雨雲がかかっている前方の山麓の道へ進むのを少し待ったのでした。
今年は雨雲もなくかんかん照りなので、写真を撮ったらさっさと前に進みました。

ここからはまたちがった雰囲気の道を走ることが出来ます。
道路はあまりキレイではありませんが、農園があったり鶏が走っていたりして緑豊かでのどかな田舎を見ることが出来ます。
5H3

交差点手前でレゴンのジャージが止まっています。
何と鶴見さんがパンクです。
スタートからパンクでストップしているライダーの数を数えていたのですが、11台目でした。
「段差で気がついたら一瞬で空気が抜けていました。これからはチューブレスで、シーラントでしょうね。」とのこと。
5H5
チーム白星のメンバーは、ほとんどがチューブレスですから段差も心配なく快適に笑顔で走れます。
5H6

テキサスからはチームとしてたくさんの方々が走っておられました。
「My second home town is Lubbock, Texas.」などとおしゃべりしながら走ります。
5H10
山に向かって走っていますが、山には入らずにほとんど平坦な道なんです。

出発して2時間半、8時45分に「カイルア インターメディエイト スクール」のエイドステーション到着です。
ここはは多くの人でごった返しています。
このエイドステーションは11時以降は前進不可となっていますが、楽々到着です。
5H11

うれしいことにシェーブドアイス(かき氷)が出ています。
やはり30周年記念なんでしょうか。
冷たくて美味しいです。
5H12

しばらく休んだあと出発しましたが、左折して出て行こうとしたときに、前の自転車が交差点のど真ん中で突然急停車しました。
警官も直進車を止めてくれていたので、交差点の中では停車する必要は全く無いのです!
前のバイクに追突寸前で、思わず急ブレーキで右側に転倒しそうになりました。
同時にずっと痛めていた右足首と左膝を再び痛めてしまい、大ピンチです。

これは大変、いったい次のエイドステーションに無事たどり着けるのでしょうか?
痛い脚で走り始めましたが、フィニッシュまではまだ120キロもあるのです・・・・


実はこの次のエイドステーションの前に寄り道をする計画を出発前から立てていました。
トヨタシティーという大きな自動車屋さんの筋向かいにバーガーキングがあり、そこで少し早い昼食を食べようというのです。

程なく到着したバーガーキングはがら空き。
店員さんも超スローです。
冗談を言いながら注文を聞いて、ハンバーガーが出てくるまで10分以上待ったのではないでしょうか。

ライドの途中で寄り道してハンバーガーを食べようと思ったのは、朝から夕方までクッキーとバナナではなんだか力が入らない感じがした去年の反省からです。

ようやく出てきたチーズバーガーやWhooperは、日本のサイズの1,5倍はあろうかというビッグなものです。
さすがに完食出来ずに、フレンチフライポテトを残してしまいましたが、大満足・大満腹です。

はじめの頃に窓から見えていた多くの自転車もほとんど走っていません。
「さあ出発」というときに地図で残りの距離と時間を確認すると・・・
次の「ヘエイア ステート パーク」のエイドステーションは「午前10時30分以降は先に進むことは出来ません」と書いてあるではありませんか!!
「えらいこっちゃ!先へ行く方が長く走らねばならないんだ。当然制限時刻は早くなってるんだ!!」

さあ大変!
時間に十分余裕があると思っていたのは大間違い。
どうりで(自転車)人通りも少なくなっているはずです。

ちょっとメカトラなどがあれば、ヘタすると75マイル(120キロ)の折り返しでおしまいになってしまいかねません。
ここからは痛い脚を忘れて本気で走りました。
途中の「ヘエイア ステートパーク」のエイドステーションも横目で見ながら完全にスルーして、海岸通りを激走して100マイルの折り返しを目指します。
スポンサーサイト

comment

Secret

No title

2011.10.14.15:39

こんにちはー、路面状況、景色、空、どれを見てもサイコーですねー
はたして無事、ゴールできたのでしょうか。足の状態は?

No title

2011.10.14.18:31

トイプードルさん
ありがとうございます。

実は膝と足首は相当痛い状態でした。
もし家の近所でなら、絶対に家で冷やして寝ていたような状態でした。

しかし、こんなにサイコーなところを走ることが出来るのですから、「裏技」を使って走り続けました。

どうしたかって?
もう少しブログをお待ち下さいね。
プロフィール

辻 正光(通称 ぱぱみつ)

Author:辻 正光(通称 ぱぱみつ)
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード