2011HCR 07 クルマが欲しい・・・

2011.10.18.09:36

折り返して走り出しましたが、太陽は頭の上からこれでもかというくらい照りつけてきます。

orikaesite

ヘルメットの隙間から入ってくる紫外線で頭皮が日焼けして大変になるということで、チーム白星のみなさんはヘルメットの下にサイクルキャップやバンダナを着用してもらっています。
また、私自身はさらに SKINSのレッグカバーとアームカバーで紫外線対策ぬかりなしです。

30分ほど前に走ってきた道なのに、方向を変えて走り出すと「わあきれい!写真撮っておこう・・」ということに。
一緒に走っていた方には「先に行ってくださ~い。頑張って追いつきますから」と言ってバイクを降ります。

そうこうしているうちに、ほとんど一人で走行していて、結構疲れてきました。
往路は右前からのやや向かい風で、「帰り道は追い風で走りやすそうだな」と思っていたのに、海岸沿いは左前からの向かい風なんです。
「列車で走っておられる集団の後ろに付かせて欲しいな」と思っていても、残念ながら列車はやってきません。

一人寂しくあっちで止まりこっちで止まりながら、ぼちぼち先を目指します。

折り返しから15キロ足らずでキープロジェクトのエイドステーションにたどり着きました。
すてきな音楽とフラダンスで迎えてくださいます。
けy1

中学生くらいの女の子達が笑顔で踊っています。
ここのエイドステーションは、他と違いナチュラルフードばかりです。

みずみずしいパイナップルはとても美味しかったです。
けy2

タロイモのスライスもありました。
けy8
隣にはサツマイモのスライスもありました。
お塩がかかっていたら良かったのですが・・・
それぞれ少しずつ味見して出発しました。

少しすると往路とは違うコース Kahekii Hwyを走ります。
まっすぐ下ってまっすぐ上ってという道ですが、自転車のことを気遣ってゆっくり走って渋滞になっている自動車の列とともに走りました。
けy5
車窓からはみんな笑顔で声をかけてくれます。
路側帯が広いので安心して走れますが、やはりガラス片が無数に落ちていて、パンクしないようにしっかり路面を見て走らねばなりません。
ガラスの餌食になっている方が数名、日陰でパンク修理しています。

ほどなく往路と同じ道にたどり着きました。
往路で足が痛いと言っておられた中居さんも、快調に復路を走っておられます。
くるま021

おっとすてきな自動車だ!
1955年式CHEVY(Chevoretシボレー)です。
くるま024
後ろから見ると白星カラーのライムグリーンですが、前から見ると何とイエローです。
くるま022
しかも、パールが入っていて深く美しく輝くとともに、ピンストライプの細かいペインティングも施されています。
pinstripe
運転席もライムグリーンやイエロー、パステルカラーであふれています。
くるま023
「欲しいなあ」と指をくわえてのぞき込んでいると、持ち主から声をかけられました。

「買って帰りませんか?今は日本円が高いからお買い得ですよ。」
「おいくら?」
「35000ドル(約280万円)だよ。」
「安いですね。箱に入れてくれたら持って帰るんだけど・・」
「太平洋を乗って帰ったら?」
「私の自転車も同じくらいの値段だから、交換しませんか?」・・・

ちょうど親戚でBBQをしていたのでしょうか、10人以上の方が集まっていたので、ニコニコわいわい会話を楽しみました。

これはマジで欲しくなりました。
憧れの「アメリカングラフィティ」の世界に戻れそうです。
ポップなクルマで海岸線をドライブなんて最高でしょう。

「来年まだ売れ残っていたら買いますよ」っことにして、皆さんにお別れして再び走り出すことにしました。
はっと我に返ると、まだ残り40キロ強の灼熱の帰り道が待っています。

見上げると雲一つない快晴!!・・・悲しくなってしまいます。
止まっていたら涼しい風ですが、走り出すと結構こたえる向かい風も吹いています。

走っては止まり、写真を撮っては走り・・・単独走でカイルア インターメディエイト スクールのエイドステーションを目指します。

くるま025
スポンサーサイト

comment

Secret

プロフィール

辻 正光(通称 ぱぱみつ)

Author:辻 正光(通称 ぱぱみつ)
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード