2011HCR 09 あと一息だ

2011.10.23.12:10

13:15にカイルアインターメディエイトスクールのエイドステーションに到着しました。
残るは40キロとなりました。

絹代さんは「今年って皆さんペースが速いですね」
本当に速いです。
「今年は皆さんのゴールをお迎えできそうだわ。お先にゴールへ走ります。」って早々に出発されました。
私は常に最後尾あたりをゆっくり楽しんで走っているって感じです。

すぐに名物 かき氷を食べに行きました。
ひゃーっ冷たくって美味しい!

「綺麗な自転車ですね~」と声をかけてくださったのは、JSPORTSのサイクルレースのMCでおなじみの白戸太朗さん。
「ありがとうございます!チネリの Best ofっていうモデルです!」
「ボクも Best of ですよ!」
よく見ると今年のモデルではありませんか。
1091
「私のはオリジナルモデルなんですよ・・」とお話ししていると、よく見たことのあるお二人さんが・・・
「本当に綺麗な自転車だね~」
1092
「B社のAもすごく速いんだけど・・・」
「でも、イタリアのチネリって速いだけでなく『何か』があるんですよね。」
「本当に素敵な造形ですね」・・・ってチネリ談義におおいに花が咲きました。

ゴール後にお聞きしたのですが、我がチーム白星の山上さんの奥様とお嬢様がこのエイドステーションまで応援に駆けつけてくださったそうです。
息子さんは別のツアーでHCRに参加されたそうで、このエイドステーションで感激の家族4人大集合になったそうです。
家族それぞれ別々のツアーでハワイに来られ、エイドステーションでの再会なんて何だかステキですね。

昨年はサンディビーチパークのエイドステーションが撤収されていることを地図で確認できてなくて、危うく脱水で倒れそうになりました。
今年は、次の最終エイドステーションまでは 24~5キロあることをきちんと確認しました。
これからは全コースのうちで一番長い区間のうえ、暑さと軽いアップダウンの連続でとっても厳しくなりそうです。

20分経ちましたので出発。
(今年はエイドステーションは30分以内に出発しようと決めていました。)

往路は気持ちよかったビーチ沿いのアップダウンでしたが、かんかん照りの復路は結構きつく感じる方も多いでしょう。
この写真を撮ろうと停車していると、「Are you OK?」とオフィシャルのサポートカーから声をかけてくれました。
常に数台のオフィシャルカーが巡回し、TOPTOURさんも独自のサポートカーを走らせてくれて参加者のサポートをしてくれるので、長いライドにもかかわらず一人一人が見守られている感じで安心ですね。
1095
ここの下り坂は放っておいたら60キロ以上出てしまいそうでした。
路肩は細かい小石が散らばり、いっぱいガラス片が落ちていました。
疲れていて反射神経も鈍っているでしょうから、十二分に気をつけて走らねばなりません。

「ハートブレークヒル」の復路の上り坂は、傾斜は緩やかですが距離が長くて(といっても白星前の坂の約2倍くらいですが)へばって歩いておられる方も少なからずおられました。
1093
照り返しがまぶしく、のどもすごく渇きますので、ごくごくドリンクを飲んで走ります。

最後のエイドステーション クアパ プリ スクールに到着です。
時刻は15:00過ぎです。

救急テントでは足のマッサージなどをしておられました。
1097

水は自分のボトルに入れて飲み放題。
1096
発汗が多く、補給するミネラル分が足りなくなると足がけいれんするなどします。
エイドステーションの薄いスポーツドリンクでは絶対にミネラル分の不足になると思います。
私たちは計画的にドリンク粉末を持参したので心配なかったです。
「メダリスト アミノダイレクト」を溶かして最後のドリンクをつくりました。

ゴール地点に待機する嫁さんに「予定より早く16:00過ぎに到着するだろう」とレンタル携帯電話で連絡しました。

さあいよいよフィニッシュに向けて残り十数キロのサイクリングに出発です。
スポンサーサイト

comment

Secret

プロフィール

辻 正光(通称 ぱぱみつ)

Author:辻 正光(通称 ぱぱみつ)
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード