2月22日

2012.02.22.22:22

今日は2月22日、私にとっては特別な日でした。

尊敬するロード・ベーデン・パウエルと奥様の誕生日。
ボーイスカウトとガールスカウトの創始者です。

小学校3年生の入隊以来、30数年にわたり、野外活動を中心に多くの貴重な経験を積むことが出来ました。
長きにわたってお付き合いできる友を得ることが出来ました。

今はスカウト活動からすっかり離れてしまっていますが、様々な年齢、職業の方々と共に活動したことは私の一生を豊かなものにしてくれました。

毎年2月22日のお誕生日に近い日曜日には「BP祭」を開催し、創始者ご夫妻に感謝する会を催していました。


2002年2月22日は、私の人生を大きく変えた日でした。
当時鶴舞小学校で教員をしていましたが、会議の準備中に大けがをして、その後の人生設計が狂ってしまいました。

右手の中指の開放骨折と裂傷でしたが、「指の切断、あるいは成り行きによっては手首から先の切断も覚悟するように」と言われて手術を受けました。

偶然、当直医として勤務されていた先生は、足の指を手につないでしまうほどの名医でした。
その病院へ運んでもらったことに感謝でした。

通院のたびにデジタルカメラで、無くなってしまうかもしれない、長らくお世話になった中指を撮影し続けました。
はじめは見ておられた先生が、途中からデジカメで指を撮影して下さいました。

外傷が治ったらそれで完治と思っていたけれど、大間違いでした。
中指は伸びて曲がらず、右手の指全部が麻痺したような状態でした。

痛く辛いリハビリを重ねましたが、いっこうに良くなりませんでした。
指先の痛みは朝から晩まで一日中続きました。

細かい字は全く書けないようになりました。
チョークを持っているつもりでも、ぽとりと落としてしまうこともありました。
タイピングは右手は親指と人差し指でしか打てなくなりました。
大好きだったゴルフも、グリップできないばかりか手首も硬くなり「もう一生ゴルフはできないんだ」と思いました。

中指の先の大けがが、これだけ生活を不自由にさせるとは思ってもみませんでした。
未来に不安になり、暴飲暴食で7キロも太ってしまいました。
ダメだと分かっていながら、食べずにいられない気持ちが不思議でした。

そんななかで子ども時代ボーイスカウト活動を一緒にやっていた同窓生が、「つーちゃんの全快祝い同窓会ゴルフコンペをやろう」と提案してくれました。
半年先に大きな目標が出来ました。

ボーイスカウトで知り合った友人が接骨院勤務で、私のリハビリをして下さいました。
自分でもマッサージしたり、曲げ伸ばしをしたりして、関節の可動域を広げたり、握力をつけるように努力しました。
でもやはり自分では思い切って出来きれず、通院のおかげで徐々に良くなっていきました。

合計100回のリハビリ通院のおかげで、元通りとは行かないまでも、大きく回復することが出来ました。
主治医の先生は、「リハビリは一生続くと思って下さい。毎日曲げ伸ばしし続けて下さい」と言われました。

数ヶ月後、「100人手術しても、ここまで直る人はいませんよ。辻さんはすごいラッキーです。」と言われたときは、多くの友や家族に支えてもらったおかげだと感謝感謝でした。

怪我して9ヶ月後、11月23日の全快祝いコンペには、何とかクラブを振って前に飛ばすことが出来るようになっていました。
参加者が気を使ってくれたおかげか、なんと優勝することが出来ました。
こんなに嬉しい優勝は未だかつてありません。

その後、いくら頑張っても小さい字は書けるようにはなりませんでした。
教員として子ども達の通知表にキレイに所見を書けなくなってしまったのは、転職しようと思うきっかけの一つとなったのでした。
ドッジボールなどでボールを投げようとしても、手首が上手く動かず、また中指が引っかかって上手く投げることが出来なくなりました。
もちろん以前のようにはゴルフは上手く飛ばなくなりました。(以前も曲がってはいましたが・・・)

また、怪我からちょうど10年経ってもなお、朝起きたら中指は痛く関節は腫れています。
マッサージや曲げ伸ばしを続けることで、ようやく動き出すといった状態です。

怪我により右手の自由は失われてしまったのですが、友人達、とくにボーイスカウトで共に活動した仲間の存在の大きさを改めて重く感じることが出来ました。

そんなわけで、2月22日は私にとっては忘れられない特別な日です。

スポンサーサイト

comment

Secret

プロフィール

辻 正光(通称 ぱぱみつ)

Author:辻 正光(通称 ぱぱみつ)
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード