ツールド北海道⑤ 無事終了

2012.09.17.21:10

朝起きたら雨。
今日は金土日の3日宿泊したホテルをチェックアウトして移動もあるために、気になって自然に4時45分に目が覚める。
エレベーターは上の階が優先で上っていくので、6時前には荷物を玄関近くに移動。
6時に自転車保管室にいって、機材を確認してから朝食。

朝食後、玄関前にはすでに他のチームの自動車が止まっていて積み込んでいる。
雨の中、バイクの空気圧調節などして2台の車に旅行の荷物も積み込んで出発。

よくよく3日同じホテルで泊まれたことです。
コレが毎日移動で違うホテルだとしたら、気が遠くなる手間です。

最終ステージは198キロ。
来るときに自動車ですごく長く感じた道、それ以上を自転車で走るという。

スタート前には雨が上がり、昨日晴れを見越して交換していたホイールとブレーキシューを交換せずにすんだ。
9時20分スタート。
早々にアタック合戦が始まるが、なかなか逃げには至らない。
12キロ地点で「123番シエルヴォ奈良 中西重智がアタック!」とラジオツールに入ってくる。
思わず興奮したが、すぐに吸収されてしまう。

富良野のなだらかな丘陵地帯を走るが選手のみんなには美しい景色は目にとまっていないに違いない。
偶然かどうか、朝から日野正平の自転車で旅する番組で富良野の旅をやっていたところだ。

10時45分に集団は一団のままで平均時速は43.5キロとのこと。

11時30分に石狩川の河畔を走るマラソン大会と並行して走る。

12時 2時間半の平均時速は43.6キロと入る。

12時45分前園選手が後輪パンクだと連絡が入る。
残りは50キロある。
ホイール交換に降りるが、リアの変速機がひっくり返っていてうまく後輪をはめることが出来ない。
焦るとどんどん泥沼に。
交換してすぐに選手の背中を押さないままにクルマに戻ってしまう。
どじってしまった!取り返しの付かないミスだ。
つほ43-1

その後、集団復帰させようと試みるが、審判のバイクが執拗に近くで文句を言ってくる。
他の強いチームなら黙認している様子を見てきただけに・・・罰金覚悟で少し走ったが、強制的に前に行かされてしまう。たぶん200フランの罰金が科せられるに違いない。
「前園君ごめん!頑張って追いついて~」

運悪くKOMの上りがすぐ前に迫ってきた。
この一回のパンク対応だけで、前園選手は集団復帰が出来ずに切れてしまった。
申し訳ない・・・誤る言葉もない。ここまで3日走ってきて、一回のパンクでDNFとは・・・

その後、前を行く集団に追いつくとシエルヴォ奈良の3選手が入っている。
この集団が最後となり、もし完走出来ないと記録無しになってしまう。(総合は上位3名の合計タイム)

いったん追い越したけれど、前で停車して再び集団に追い越してもらい、後を追う。
残り20キロ、10キロ、5キロ、2キロ・・・と順調に進んで最後のゴール地点モエレ沼公園に。
つほ43-2

結局3名は無事ゴールしてくれた。
前園選手はしばらくして戻ってきた。
一人前を追う前園選手は、その後残り10キロ地点まで独走して駐められたそうだ。

チーム総合は16位。
誰も落車などの事故が無く走りきってくれた。
よく頑張ったぞ!
つほ43-3

(今日は疲労困憊のため、詳しくは後日)
スポンサーサイト

comment

Secret

プロフィール

辻 正光(通称 ぱぱみつ)

Author:辻 正光(通称 ぱぱみつ)
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード