台北ショー⑤  ブースに人がいない?

2013.04.19.10:25

会場はいくつもに分かれています。
4階はメジャーなブランドを中心にしたフロア、1階は中国&台湾ブランド、5階・6階・屋外のブースと試乗会場、さらには別会場の世界貿易センターという展開です。
4階のブース見取り図

予定では初日を4階、二日目を1階の見学にあて、余力が有れば他のフロアや会場を回る作戦です。
何せ3000以上のブースがあるのです。

u-chienさんのすぐそばにLezyne(レザイン)のブースを見つけました。
でもだれもいません。
少しの商品が並べられているだけなんです。
tps50002
タイムはZXRSを中心としたフレーム数点と以下の精巧に作られているかが一目で分かるフレームのカットモデルが飾られていました。
しかし、ここにも担当者が不在です。
tps50003
tps5014
普段は見ることが出来ないフレーム内部の様子がよく分かります。
タイムのカーボンフレーム制作技術 RTM Technology は世界最高峰のフェラーリやエアバス、ボーイング社などでも使われています。

白星でも取り扱うKuotaやチネリブースも数点のフレームだけで係員はいません。
tps50004
実はLezyneやKuotaはブースに2階フロアがあり、みなさんそこで商談をしておられるのです。
チネリでは左奥のアコーディオンカーテンで区切られたスペースにテーブルと椅子が置いてあり、商談を進めているのです。
tps50005
tps5011tps5012
CIMG6181.jpg
フランスのカーボンホイールメーカーのCORIMAは、ホイール数点があるだけで、後はテーブルと椅子のみのシンプルなブース。
こういった形のブースが少なくないので、「一般小売店が行ってもあまり収穫がないかも・・」とアドバイスいただいたのでしょうね。
tps5010
カンパニョーロは商品の展示にかなりの力を注いでいて、豪華カタログもばんばん渡してくれました。
tps5009
中国メーカーは「雰囲気よくお話ししましょう」って感じで、くつろぎのスペースにお茶とお菓子を出してくれます。
だいたいどこのブースでもお菓子や飲み物を準備してくれているので、おなかはすきません。

そんな中で、ひときわ大きなブースが、GIANTです。
世界一の自転車メーカーで、自社ブランド以外にもC社、T社、S社等々有名バイクメーカーのOEMでもすごい数を作っているそうです。

フィッティングのデモンストレーションが行われていて、見学の人でいっぱいです。
tps5008
さらに黒山の人だかりが出来ているところがあります。
多くの人がその中心にいる人物の写真を撮っています。
人の垣根の間からちょっとのぞいてみると、その中心には「V.I.P.」のIDタグをぶら下げた人が・・・
スポンサーサイト

comment

Secret

プロフィール

辻 正光(通称 ぱぱみつ)

Author:辻 正光(通称 ぱぱみつ)
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード