HCR2014 その8 パンク パンク パンク

2014.10.22.13:02

日本でも雨の日はパンクが起こりやすいといわれています。
ホノルルセンチュリーライドは例年パンクが多いですが、今年は今まで以上にパンク修理をしている人々を横目で見ながら走りました。
14bしゅいいtっさ
100マイル折り返し地点までで、自分が数えていた限りでは29人のかたが止まってパンク修理されていました。
エイドステーションのメカニックサービスで、パンク修理に並んでおられる列もありました。
もちろん私が走っていく前に修理を完了したり、後ろでパンクに見舞われたりしている方々もおられることでしょう。

道路に設置されている反射板(走行車線と路側帯の間に点在)をヒットしてのパンクがおそらく4分の1くらいでしょうか。
また路肩にガラス瓶の破片がとってもたくさん散らばっていて、そこに踏み込んでのパンクも多そうでした。
14っsるhそふあ
しっかり路面を見ながら走らないと、気がついたときにはブシュッとパンクに見舞われてしまいます。
路肩はあまりキレイではないところもたくさんあり、段差でリム打ちパンクのかたも少なくないでしょう。
パンク修理の時に十分空気圧を上げないで走ったせいで、再びパンクしてしまったというパターンもあるでしょう。

実は昨年私も残り30数キロの下り坂でガラスに踏み込んでパンクしたのですが、チューブレスでプロテクトエアMAXというシーラント剤(パンク修理液)のおかげで、そのままフィニッシュ地点まで走って帰ることが出来たのでした。

チューブレスはパンクレスではないのですが、小さな穴などはふさいでくれますし、急激な空気漏れは防いでくれます。
またパンクの7割をしめるといわれているリム打ちパンクは起こらないので、パンクの確率が低くて安心。
しかも5.5~6気圧に空気圧を落として走れるので道路からの振動を軽減してくれるし、転がり抵抗は低く、雨でもグリップが良いので疲れも少なく走ることが出来ます。

チーム白星のみんなはチューブレスでの参加ですから、パンクの嵐には見舞われずに走ることができました。

後夜祭の時に確認されたら、参加者の二人に一人はパンクされていました。
複数回パンクした方も多く、一番多い方は4回ものパンクに見舞われた方が2名、「パンク大王」の称号をもらっておられました。
ホノルルセンチュリーライドはパンクとの戦いかもしれませんね。

実は今中さんも2回、CWの安岡さんも2回、パンクに見舞われました。
安岡さんの2度目のパンク修理の時には運悪く雨がじゃじゃ降りに。
ベビーシッターのと契約が16時までで「急がなきゃ」という絹代さんと、足が心配な私の二人で先を急がせてもらいました。
14っsるjsぢふぉう
今までで一番激しい雨でしたが、のども渇かず涼しいサイクリングが出来ました。

このような広い路側帯には沢山のガラス片が落ちているので、よほど路面に注意しながら走らねばなりません。
14んすすておるあ
景色に見とれながら走っていると、突然一面のガラス破片にひやりとさせられることが何度もありました。

往路に一番景色がよい下り坂のマカプーは、帰路では一番しんどく感じる上り坂だと思います。
といっても、奈良近辺の上り坂と比べようもありません。

マカプーの上り坂で絹代さんには置いて行かれちゃいました。母は強し!
でも足の痛い私も今回は「5 Hour Energy」のおかげか、まったく息もあがらずに坂を登り切りました。

最後の難関は「逆心臓破りの丘」です。
例年は傾きかけた夕日が路面に反射して照り返しで暑く、エイドステーションの間隔も長いために、疲れも出てへばりそうになるところです。
ココまで走ってくると雨はすっかり上がって、自動車の陰が「逃げ水」になっています。
14っっっっす

最後の最後 ① クアパ・プリ・スクールのエイドステーションにやっとこさ到着。
ドロドロになってしまったバイクを、シャワーで洗い流してくださいます。
14っすrjつぃおうf74

最後までフロントのバッグの底にしまっておいた蜂蜜を頂きました。
ほんのちょっとですが、本当に甘くて美味しく元気がでました。
14すうrんすいfm4う
残るは10マイル(16キロ)。
16時過ぎにはゴールできる余裕のペースです。

フィニッシュまで一気に走ろうと思ったのですが、出発して急に腹痛がおそってきました。
1分ほど走ってガソリンスタンドとコンビニの併設店でトイレをお借りしようとしたら、何と「トイレはありません」とのこと。

あわててエイドステーションの仮設トイレまで引き返して事なきを得ました。
ASS SAVERを取り付けていたのに、あやうく汚してしまうところでした。(涙)
結局、中居さんと私とは皆さんより1マイルたくさん走ることになりました。

すっきりしたところで、いよいよフィニッシュ地点に向かいます。
スポンサーサイト

comment

Secret

プロフィール

辻 正光(通称 ぱぱみつ)

Author:辻 正光(通称 ぱぱみつ)
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード