TIMEの試乗に来てね~ & 淡路島小旅行

2015.02.13.19:20

昨日は淡路島に行ってちょっとお疲れの福で~す!

今日から来週の火曜日まで、Time フルイディティ と スカイロンの試乗車がやって来てますよ。
振動吸収のAKTIVフォークは本当に快適らしいよ。
たすか004

フルイディティはXSサイズ(Top 530mm)ですが、ISP(インテグラル シートポスト)仕様でBBの中心からサドルの上まで700mmなので、ちょっとサドルが高くて困る方もいるかもね。
たすか003
ホイールは「Bora Ultra 35」 硬くて軽くて良く廻って最高です!

AKTIVフォークで振動を抑える働きを感じ取れると思うよ。
「Boraなのにチューブレスみたいに感じた」ってぱぱみつは言ってたよ。

スカイロンはカンパニョーロのスーパーレコードEPS (最高級の電動コンポーネント)仕様です!
たすか002

こちらも「Bora Ultra 35」にハッチンソンのカーボンコンプ(最高級 チューブラータイヤ)という最高の組み合わせ。
たすか001
サイズはS(Top540mm)だよ。
「最高」というモノを体験してみて下さい。

ひざにやさしいTime xpressoペダルとGaerneのサイクリングシューズを25.0~27.5までご用意いたしましたので、ペダルやシューズのテストもしてみて下さい。


さて、木曜日は淡路島に行ってきたんだよ。
☆白星サイクリング☆の遠征で去年の春に「アワイチ」に行ったんだけど、走ったところ以外にも良いところがないか、次回の下見なんだって。
またいろんな名所のパンフレットを集めてきて、皆様の参考にしたいということで行ったんだ。

まずは「あわじ 花さじき」
ykたすか008
スタート地点の 淡路ICから県道157号線で約7キロ。
道路はすごくキレイだったけれど、結構アップダウンのある道でした。
途中に大きな風力発電の風車にびっくりしちゃった。

入園料は無料で各季節の美しいお花がいっぱい・・・のはずでしたが、今の季節は菜の花畑がほとんどでした。
自転車で行くのはちょっとしんどいなあ。


次に向かったのは津名一宮ICの近くの「たこせんべいの里」
☆白星サイクリング☆のときにも行きたかったんだけど、海岸線近くの志筑(しずき)というところから12キロほど走らなければいけないということで諦めたところなんです。
たすか090
年中無休で入場料無料、駐車場や無料の飲み物、工場見学が出来るから、観光バスもいっぱい来てたよ。
ボクは入られなかったんだけど、ぱぱみつはなかなか出てこなかったんだ。
実はたこせんべいの試食がいっぱいできて、お腹いっぱい食べてたんだって・・・ずるいなあ・・

ここには、元気な人が自転車で走っていくのもOKなところでした。


海岸線で洲本を通って由良をこえて行くと、急に道が細くて険しくなりました。
「ここが坂の中間点」とか、「急な下り坂 走行注意」といった自転車のための標識も整備されていました。

去年の あわいちBコースの皆さんは、この険しい道を走って行かれたんだね。
尊敬するなあ。

丘の上から一人500円の入場料(割引券で一人450円 水仙まんじゅうのおまけつき)を払って、急な曲がりくねった道を降りていくと「立川水仙郷」です。
たすか93782

一面に水仙の美しい花が咲いて、とっても良い香りがしていました。
すいせんきょう

「探偵!ナイトスクープ」で取り上げられた「パラダイス」が左奥の建物らしいです。
たすか1928
入って見たかったのですが、たこせんべいの試食に時間がかかりすぎて暗くなってきていたので、入らないで次に向かいました。
ココは残念ながら自転車で行くのには向いていませんね。

最後に向かったのは「灘黒岩水仙郷」です。
立川水仙郷からかなり厳しいアップダウンを走ると、「南淡路水仙ライン」という美しい海岸線を走る道に出ました。
しばらく行くと「淡路島モンキーセンター」が右にありましたが、先を急ぎました。
そして16時過ぎに到着したのが「黒岩」にある水仙郷です。
たすか019238
入場料一人500円(ボクは無料)をはらって駐車場に。
けわしい階段を上って行きます。

けわしいさかだ

てっぺんの展望台からは、海側の急な階段を下ります。
水仙のとっても良い香りが漂っています。
たすか006

急ながけの下は道路をはさんで紀伊水道の美しい海です。
なだくろいわ

ここは超おすすめですね。
道のすぐそばに駐車場があるし、花の密度は立川水仙郷の2倍はありました。

この後は海岸線を走って土生港(はぶこう)を過ぎ、海を見下ろすアップダウンのある道を走って太い道まで出ました。
淡路島の南部は自転車ではかなりハードなコースですが、水仙の花が香るこの季節なら頑張って走る価値有りですね。

「またあわいちに挑戦してみたいなあ」って、ぱぱみつは感激していました。
時間に余裕がなかったので、今回の下見はこれでおしまい。
出来れば福良から先の海岸線も走ってみたかったですね。

西淡三原ICから神戸淡路鳴門自動車道に乗って帰ってきました。
合計350キロの旅でした。
今回は自動車にも酔わずに楽しい旅でした。

ぱぱみつはたくさんの資料をもらってたので、淡路島に行ってみようという方は声をかけて下さいね。

スポンサーサイト

comment

Secret

No title

2015.02.15.18:07

長男、二男がまだ保育園に行っている頃、2月に淡路島へ行きました。水仙郷は車がいっぱいで入れなかったのを覚えています。家族でスキーへ行くようになってから、早春の小旅行は行けなくなりました。
あわいち行ってみたいです。

Re: No title

2015.03.01.15:17

Mukesanさま お体の調子はいかがですか?
お返事すっかり遅くなってごめんなさいね。

先週、淡一に行ってこられた方が、「灘黒岩水仙郷が満開だったです」と教えてくださいました。
道路に交通整理の方がいっぱいおられたとか。
3月いっぱいまでが花の見頃ですかね。
「それにしても水仙峡のあとの急坂は自転車には厳しいでした」とのことでした。
また淡一の企画もしてみたいです。
プロフィール

辻 正光(通称 ぱぱみつ)

Author:辻 正光(通称 ぱぱみつ)
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード