HCRへの道(7) 雨天対策と身体コンディション

2015.12.15.21:23

昨年に引き続き今年も雨に降られたHCRでしたが、大いに役立ったモノがあります。
「アスセーバー」(お尻お助け)です。
本当に助かりました。
あsdghthtgrfqっrhqhrq
絹代さんも「持ってきたら良かったなあ」と後悔されていました。

つけていないと・・・こんなになっちゃいます。
kじゃdsごいghrqえいjんgきqhjr
ゼッケンのあとと比べると、どれくらいすごい泥ハネか分かっていただけるでしょう?
ハワイの土は真っ茶色なので本当に汚れてしまうんです。
前を走るライダーからも、茶色い泥水が飛んできますからね。
・・・ということは、顔も泥んこなんですね。
hdshvqへろぐえぎjんぉいy

常夏の楽園 ハワイの雨って冷たい冷たい「氷水」みたいなんです。
晴れていたら汗をかくのですが、雨に当たるとぶるぶる震えるくらい寒くなります。
kんqあごいうhgqいろえんglkqh
私は走り始めから暴風のベストを着ていました。
また、雨の降っているときには、ウインドブレーカー兼用の薄い長袖のウエアを着込んでいました。
着たり脱いだりしながら走ったのでした。
(写真を見直したら、すごい強風と雨だったんだなあと改めて思います。)

インナーウエアは汗を吸い出してくれるのでとても重要です。
今回はパールイズミの長袖の夏用インナーウエアを着ました。
(もし晴れたら日焼けとの戦いとなりますので、アームカバーやレッグカバーなど日焼け止めグッズは絶対に必要となります。)

いつも「体に近いところにお金をかけましょう」と申し上げていますが、まずお腹に入れるモノ、そして身につけるモノが、快適に走るために重要なんです。

シューズの上にはソックスタイプのシューズカバーをつけて走りました。
昨年泥んこになってしまって高圧洗浄機で洗ったシューズも、今回はシューズカバーのお陰でそんなに汚れませんでした。
またソックスタイプはシューズのフィット感が良くなるというメリットもあるんです。

補給食やウインドブレーカーを入れたモンベルのハンドルバッグとともに、TOPEAKの大型のサドルバッグをつけていきました。
中にはZIPLOCKバッグで防水した工具類を入れていました。
tjhjy6ywsたあhtftqあtn
私は自転車屋さんですから、「もしも・・・」の時にお助け出来るようにご用意していきましたが、普通の皆さんはこんなには持つ必要はないでしょうね。

シューズの中にはインソールを入れました。
普通は見えないところですが、プロは必ず自分専用のインソールを入れています。
インソールマニアのぱぱみつは、いろいろ試してみて、今回は右上のを入れていきました。

普段使っているインソールはこんな感じです。
ううほお8ひほいほいいほおい
いろんなタイプのを違ったシューズに入れていますが、時々交換して様子を見ています。
先日インソールの効果を確かめる番組を見ましたが、驚くべき力を発揮できることを証明していました。
インソールも体に近いモノです。
もし買ったときについてたインソールのままお使いなら、一度良いモノを使ってみられてはいかがでしょう?


☆ 冬用のOutwetの長袖アンダーウエアが入荷しました。
最高の素材で、速乾性抜群。
タートルネックの暖かいアンダーウエアから、オールシーズンの半袖まで、いろんなタイプのアンダーウエアです。
是非も手に入れて快適に走って下さい。
スポンサーサイト

comment

Secret

プロフィール

辻 正光(通称 ぱぱみつ)

Author:辻 正光(通称 ぱぱみつ)
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード